火球とは?(関東上空)爆発音がすごい?落下地点も判明した!

暮らし

2020年7月2日午前2時32分頃、関東上空で『火球』が目撃され話題となっています。

『火球ってなに?』

『爆発音もするの?』

『落下地点は?』

とても気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク

火球 関東上空で目撃される(2020年7月2日)

2020年7月2日午前2時32分頃、関東上空で火球が目撃されました。

↑この動画すごくないですか??

想像よりはるかにすごい火球!

映画のワンシーンみたいですよね。。。

 

いったい火球とは何なんでしょうか。

 

火球とは?(関東上空で目撃される)

火球とは、

3等級ないしは4等級よりも明るい流星のこと。

火玉(ひだま)とも言われる。

大気中で蒸発したものも、隕石となって地表に落下したものも、一定以上の明るさで光ればどちらも火球と呼ばれる。

出典:Wikipedia

 

なるほど~。

わかりやすくいうと、大気中で蒸発しようが、隕石となって落下しようが、

・4等級より明るい流れ星

のことを火球っていうんですね。

 

星の明るさを示す「等級」は、数字が小さくなるほど明るく、数字が大きくなるほど暗いそうで、

例えば,七夕で有名なおりひめ星(こと座のベガ)と同じ明るさで「0等級」と表現されるそうです。

とすると、「4等級より明るい流れ星」ってけっこうありそうですね。

スポンサーリンク


火球の爆発音がすごい?

で、今回の(2020年7月2日の)火球は爆発音がかなりすごかったみたいです。

 

爆発音がしたなんて怖いですよね。

 

↓しかしこちらの記事によると、火球の音が聞こえるのは稀みたいです。

あんなすごい光で、さらに爆発音まで聞こえたとなると、本当に映画の世界みたいですよね。

けっこう怖い思いをした方も多かったのではないでしょうか(;;)。。。

 

↓中にはこんな方も(笑)

上の階の人の物音と勘違いした方も多かったようです。

爆発音鳴らすなんて、上階には何者が住んでいるのでしょうか(笑)

スポンサーリンク


火球 実はよく見る?

で、この火球というもの、実はけっこう頻繁に出現しているらしいです。

↓こちら、2019年12月のもの

 

国立天文台のホームページによると、

火球は、見ようと思ってなかなか見られるものではありませんが、日本全国でいえば、平均すると1ヶ月に数個程度の頻度で目撃されています

とのこと。

あら、1ヶ月に数個程度!

けっこう多いんですね。

今回の(2020年7月2日の)関東上空に現れた火球は、きっと音も光の大きさもすごかったために話題になったんでしょうね。

スポンサーリンク


火球(関東上空)落下地点はどこ?

で、今回の(2020年7月2日の)関東上空に現れた火球のように爆発音も光もすごかったとなると、どこに落下したのか気になりますよね。

先程の動画のような火球が落ちてきたらひどいことになりそうです(;;)

 

しかし、調べてみたのですが、落下地点はわかりませんでした。

ネットにも落下地点の情報はないですし、気象庁や国立天文台からも何の発表もありません。

 

なるほど。

火球が落ちてくる確率は低いのですね。

落下してきたらもっと大きな話題となっているはずなので、今回もおそらく地上には落下していないということでしょうね。

 

↓誰かが助けてくれたという説も

本当ですね!

火球に何か光るものが貫通して、その後、火球は爆発して光を放っている!

 

これ、ロシアの隕石落下のときと同じ現象らしいんです。

このまま関東に火球が落下していたらものすごい被害が出ていたと思うので、きっと誰かが守ってくれたのではないでしょうか。

私はそう思うことにします!

神様なのか、宇宙の仲間たちなのか。

いつも見守ってくださり、ありがとうございます!!!

スポンサーリンク


火球(関東上空)落下地点は習志野だった!

その後、7月13日になって、このときの火球(関東上空)は習志野に落下していたことが判明!

びっくりですね~~。