マスク頭痛の原因と改善方法・治し方は?マッサージが有効!!

健康

TBSテレビ毎週月曜~金曜あさ6:00~8:00放送の『あさチャン!』で、「マスク頭痛」のことを特集していました。

 

 

私の周りでも、旦那や友人などマスク頭痛を訴えている人がとても多いです。

『マスク頭痛』とても気になったのでまとめてみました。

 

スポンサーリンク

マスク頭痛が急増!

コロナ対策でマスクをつけることが普通となってきた昨今。

ちょっと外出するときだけならまだしも、ほぼ一日中マスクをつけざるを得ない方も増えたのではないでしょうか。

そんな中、最近よく『マスク頭痛』を訴える人の話を聞くようになりました。

実際、東京頭痛クリニック・丹羽潔理事長によると、マスク頭痛を訴える患者は3割も増えているんだそう。

 

 

 

スポンサーリンク


マスク頭痛 原因は?

マスク頭痛の原因は3つあります。

 

1.脳の酸欠

マスクをつけていると十分な酸素が吸えなくなります。

マスク内で自分が吐いた息をすぐに吸うことになるので、二酸化炭素を多く含んだ空気を吸ってしまうことになるんですね。

それが続くと軽度の酸欠状態が続くことになり、頭痛のほか、めまいを感じてしまうのです。

 

マスクをしていると、自分の息が臭いことが気になっていましたが(笑)、匂いよりも二酸化炭素を多く含んでいることの方が危険ですね。

 

2.マスク熱中症

人間は気温が高くなって体内に熱がこもるようになると、汗をかいたり呼吸をして冷えた空気を体内に取り込んだりして熱を発散し、体温調節を行います。

それが、マスクをしていると温かい空気(40℃以上)しか入ってこないので、呼吸で体を冷やすことが難しくなります。

それに、顔の半分がマスクに覆われていると熱もこもりやすくなりますよね。

さらに、マスクをしていると口の渇きを感じにくくなり、熱中症かも?ということにも気づきにくくなります。

こうして、熱中症になるリスクは高まり、熱中症による頭痛も引き起こしてしまうのです。

 

たしかに、暑い日にマスクをつけてちょっと外出しただけで、口のあたりがすごく蒸し暑くなりますよね。

これが真夏になったらと思うと恐ろしいですもん。

 

3.マスク首こり

マスクは耳に引っかけて使用するので、コメカミ・顎・首に負担がかかります。

側頭筋・咬筋・胸錯乳突筋という筋肉に負担がかかるそうです。

特に胸錯乳突筋への負担は頭痛や首こりの原因になりやすく、いわゆる「スマホ首」もこの筋肉の凝りが原因です。

 

マスクなんてあんなに軽いように見えてけっこう負担がかかるんですね。

スポンサーリンク


マスク頭痛の改善方法・治し方は?

 

 

1.脳の酸欠を改善するには

マスク内では鼻呼吸を意識するようにしましょう。

あとは、時々マスクを外して深呼吸が有効です。

1分でもマスクを外していると体内の二酸化炭素量は激減するそうです。

 

2.マスク熱中症を改善するには

日ごろからこまめに水分補給をするように心がけましょう。

そして、時々マスクを外して呼吸する。

首を冷やすのも有効です。

 

3.マスク首こりを改善するには

こちらはマッサージが有効です。

 

マスク頭痛の改善方法・治し方!マスク首こりにはマッサージ!

マスク首こりが原因の場合は、マッサージがおすすめです。

 

↑このような、耳のマッサージと首の横のストレッチがいいです。

 

 

あとは、口角を上げ下げする「ニヤニヤ体操」も有効だそうですよ~。

スポンサーリンク


マスク頭痛の原因と改善方法・治し方は?マッサージが有効!!:まとめ

以上、マスク頭痛の原因と改善方法、マッサージについてまとめてみました。

全ての原因に言えることは、

ちょっとでも不調を感じたらマスクをはずす(蜜を避けて)

ということですね。