ディミトロフ コロナ感染!原因はパーティー?全米は大丈夫か!?

スポーツ

テニスのディミトロフ選手(ブルガリア)が新型コロナウイルスに感染したとのことで、テニス界に衝撃が走っております。

ディミトロフ選手は、世界ランク3位にまで上がったことがある世界的な選手。

そんな一流選手がなぜコロナに感染!?

原因は何なのか?

そして、全米オープンに影響はないのか?

について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ディミトロフ選手 コロナ感染

現在は世界ランク19位のディミトロフ選手。

報道によると、ディミトロフ選手はクロアチアのザダルでチャリティー大会「アドリア・ツアー」第2戦に参加。

6月20日、世界ランク33位のチョリッチ選手(クロアチア)と対戦して敗れました。

その後、体調不良を訴えて大会を離脱し、自宅のあるモナコに戻って検査を受けたところコロナ陽性と判明したとのことです。

 

巨人の坂本選手らのときのような『無症状』ではないのですね(;;)

体調不良からの検査となると、ディミトロフ選手の体調がちょっと心配ですが、報道では現在の体調は回復しているとのことです。

ホッとしました。。。

 

↓こちらがご本人のインスタグラムでの報告

 

この投稿をInstagramで見る

 

Grigor Dimitrov(@grigordimitrov)がシェアした投稿

コメントの部分は私には解読できなかったので端折りました。。。

「検査で陽性反応が出てしまった」

「ここ数日で自分と接触した人は検査を受けて注意しなければいけない」

「感染を拡大させてしまったかもしれないこと、本当に申し訳ない」

というような内容が書かれていたようです。

 

「アドリア・ツアー」第2戦でチョリッチ選手と対戦したときは、数千人ほどの観客がいたそうです。

あら、、、ヨーロッパではもうそんな人数を集めて大会やっているんですね。。。

日本ではやっとプロ野球が開幕できましたが、まだ無観客ですよね、たしか。

 

しかも、コート外では選手がバスケットを楽しんだり、肩を組んでの記念撮影、ハグや握手などいわゆる“濃厚接触”が確認されているそうなんです。

スポンサーリンク


ディミトロフ選手 コロナ感染 パーティーが原因?

それにしても、ディミトロフ選手のような世界的なプレーヤー、体調管理には十分気を配っていると思うのですが、どのようなルートで感染してしまったのでしょうか。

 

あくまで推測ではありますが、「パーティーがよくなかったのではないか」という声も出ているようです。

 

アドリアツアーは、新型コロナウイルスの影響で3月中旬から中断しているプロツアーの日程の穴を埋めるために組織された大会。

世界ランク1位のジョコビッチ選手の発案でスタートしたようです。

で、1週目の大会は前の週の6月13日14日にセルビアのベオグラードで開催され、このとき、ディミトロフ選手やジョコビッチ選手のほか、ティエム選手などのの選手数人が人手の多いベオグラードのナイトスポットでパーティーを楽しんでいるところが目撃されているというのです!

 

日本でもナイトスポットでの感染が目立ってますもんね。。。

 

だからといってディミトロフ選手もパーティーで感染したとは言いきれませんが、それにしても、一流選手が何人もパーティーに繰り出していたとは!

 

こうなると、やっと開催が決まった全米オープンがどうなってしまうか心配ですよね。

スポンサーリンク


ディミトロフ選手 コロナ感染 全米オープンはどうなる?

新型コロナウイルスの影響で、他のスポーツ同様、テニスの大会もここしばらく中止が相次いでいました。

それがやっと、6月17日に全米オープン開催(無観客)が決定したばかり。

 

 

8月から男女ツアー大会の再開も決まり、延期となっていた全仏オープンの日程も確定したり、再スタートに向けて動き始まっていたところだったのですが。。。

 

ディミトロフ選手が出場していた「アドリア・ツアー」第2戦には、ジョコビッチ選手やディミトロフ選手のほか、世界ランク3位のティエム選手(オーストリア)、世界ランク7位のズベレフ選手(アレクサンダーの方)、あとチリッチ選手などのトップ選手も参加していたとのこと。

コロナに感染したディミトロフ選手は、

「この数日間に僕と接触した人が、確実に検査を受けて必要な措置を取るようにする」

と言っているようです。

他の選手や観客の方に感染がないことを祈るばかりです。

 

それにしても、他に感染者がいなかったとしても、ディミトロフ選手のようなトップ選手の感染発覚は大きな波紋を呼びそうですよね。

全米オープンの開催に影響がでてしまう可能性もあるのではないでしょうか(;;)

 

とにかく、ディミトロフ選手の回復を祈っております。