シャンプーハットこいでが入院!急性咽喉頭炎って何?原因は?

芸人

お笑いコンビ『シャンプーハット』こいでさんが入院されたとの報道がありました。

病名は「急性咽喉頭炎(きゅうせいいんこうとうえん)」とのこと。

急性咽喉頭炎??

聞いたことがあるようなないような病名。

気になったので、急性咽喉頭炎がどんな病気なのか、急性咽喉頭炎の原因は何なのか見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

シャンプーハットこいでさんが急性咽喉頭炎で入院

お笑いコンビ『シャンプーハット』のこいでさんが、6月21日に急性咽喉頭炎で入院されたとのこと。

こいでさんは同日に喉の痛みと発熱の症状を訴えて病院を受診、そのまま入院となったようです。

詳しい状態は明記されていませんが、「3~4日の入院が必要」とのこと。

長期入院ではないようなので、わりと軽い病気なのでしょうね。

安心しました。

 

シャンプーハットこいでさんの急性咽喉頭炎って何?

この急性咽喉頭炎とはどのような病気なのでしょうか。。。

ちょっと気になったので調べてみました。

 

咽頭・喉頭と呼ばれる、いわゆる“のど”の炎症。
風邪症候群の部分症状として現れることが多く、急性期には咽頭痛やのどの掻痒感、声がれ、刺激発作性の咳、痰などの症状を呈しますが、重症化すると急性喉頭蓋炎等を合併し窒息のおそれもあるので、呼吸困難などある場合は注意が必要です。

出典:関西医科大学附属病院ホームページ

 

なるほど。

いわゆる喉の炎症で、風邪の症状のひとつとして現れることが多いんですね。

しかし風邪だけで済めばいいですが、重症化すると急性喉頭蓋炎等を合併し窒息のおそれもあるというところが怖いですね。。。

 

治療法としては、全身療法や対症療法、あと吸入治療があるそうです。

重症化して気道が狭くなってきたりした場合は、強力な抗生剤の点滴や、気管切開まで必要となる場合もあるようですね。

 

『シャンプーハット』のこいでさんの場合は、3~4日の入院とのことですが、即日入院ということはもしかしたら気道狭窄寸前まできていたのかもしれませんね。。。

それでも、3~4日の入院で済みそうでよかったです。

スポンサーリンク


シャンプーハットこいでさんの急性咽喉頭炎 原因は?

どのような原因で急性咽喉頭炎になってしまうのかも調べてみました。

 

急性咽喉頭炎は、主に、

・風邪

・インフルエンザなどのウイルス感染や細菌感染

・刺激ガスや粉塵の吸入

・喫煙

・音声の酷使

などが原因としてあるようです。

 

『シャンプーハット』のこいでさん、風邪を引いてこじらせてしまったか、またはウイルスや細菌に感染してしまったのでしょうか。。。

 

もしくは、こいでさんのギャグのひとつである、

オーマイガットトゥギャザー!!!

を叫びすぎてしまったのでしょうか。。。

スポンサーリンク


シャンプーハットこいでが入院!急性咽喉頭炎って何?原因は?:まとめ

以上、お笑いコンビ『シャンプーハット』こいでさんが入院されたとの報道を受け、急性咽喉頭炎とはどんな病気か、原因は何か?について見ていきました。

 

お笑いコンビ『シャンプーハット』は、これまで数々の賞を受賞してきた人気お笑いコンビで、

・1998年『ABCお笑い新人グランプリ』第19回優秀新人賞を受賞

・1996年『オールザッツ漫才』で優勝

そして今年2020年には『第55回上方漫才大賞』の大賞にも選出されています。

 

私も好きなお笑いコンビで、ネタもおもしろいですが、ロケ番組なんかもおもしろいです。

こいでさんが早く回復され、また活躍されることを楽しみにしています。

 

あ、ちなみに、こいでさんは以前は「小出水」さん(こっちが本名)として活動されていました。

 

「小出水」さんの印象がいまだに強いですよね(笑)

 

とにかく、早い回復を祈っております!

また元気な姿を待っています!