きゅんです ポーズや意味と使い方を調べてみた!2020流行語候補!

暮らし

ネクスト流行語は「きゅんです」らしいです!

先日、テレビで2020年下半期のトレンド予測が特集されていて、次の流行語として、

きゅんです

がピックアップされていました。

 

きゅんです・・・??

 

トレンドに疎い私は初めて聞いた言葉。。。

気になったので、「きゅんです」とは何なのかさっそく調べてみました!

 

スポンサーリンク

きゅんです ポーズと一緒に使うらしい

なんでも、「きゅんです」はあるポーズと一緒に使うものらしいんです。

ほーう、「きゅんです」はポーズを伴うんですね。

どんなポーズなんでしょう。

 

ポーズを伴う流行語というと、、、

↓キャイーン!とか

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUTOSATO(@yuto7sato)がシェアした投稿

 

↓古くは、がちょーんが有名ですよね(え?知らない?笑)

「きゅんです」も、こんな感じののポーズなのでしょうか??

スポンサーリンク


きゅんです ポーズは?

と思いきや、「きゅんです」のポーズはなんとも上品でした。

 

↓これです!

あらま、上品!

指だけのポーズなんですね!

 

手の親指と人差し指を交差させてハートの形にするようですね。

指ハートです。

 

私も知りませんでした。。。

このポーズ自体はよく見かけますよね。

芸能人の方とか、何気ない写真でもよくこの「きゅんです」ポーズで写っていたりしますよね。

 

あと、中高生など若い世代でも流行っているようです。

このポーズが「きゅんです」っていうポーズだったんですね~。

スポンサーリンク


きゅんです 意味と使い方は?

で、よく見かけるこの「きゅんです」ポーズですが、いったいどんな意味があってどういうときに使うのでしょうか。

 

意味としては、文字の通り「胸がキュンキュンする」「胸がキュンキュンした」というこのとようです。

・ハートマーク=ドキドキ=キュンキュン=キュンです

みたいなイメージでしょうか。

 

そこから転じて、

「好きです!」=「きゅんです!」

という感じで表現したり、

 

「かわいい!」=「きゅんです!」

など、好きとかかわいいの表現でも使うようですね。

 

その他、SNSを覗いてみると、、、

↓こんな感じとか

みんなで集まって、楽しく気分が上がっているときなども使ったりするのでしょうかね。。。

 

↓あとはこんな感じで

芸能人の方などは、ファンへの感謝や、ファンのことを愛している、という意味でも使ったりするようですね~。

スポンサーリンク


きゅんです 使い方の例(言葉だけの場合)

このように、指ハートのポーズをしながら使う「きゅんです」ですが、指ハートなしで、言葉だけで使われることもよくあります。

ツイッターではどのように使われているか見てみましょう。

 

やはり、

「好きです」

「かわいい」

「胸がキュンキュンする」

「ありがとう」

みたいな感じで言葉としても使われるようですね~。

 

若者は、メールやLINEでも「きゅんです」って使うみたいですね。

スポンサーリンク


きゅんです ポーズや意味と使い方 元祖レクチャー

「きゅんです」の元祖は、TikTokやYouTubeで活躍されている『夜のひと笑い』さんという2人組だそうです。

『夜のひと笑い』さんは、TikTokのフォロワー数が150万人超、YouTubeも開設後3ヶ月でチャンネル登録者数20万人という関西のおもしろカップルインフルエンサー。

すごい方々が流行らせたんですね!

 

しかし『夜のひと笑い』さん曰く、

「流行らそうと思って流行らせたわけではなく、たまたまTikTokでよくこのワードを使うようになってきて、そうしたらいろんな人が真似してくれたりして、流行っていった」

とのこと。

 

そんな『夜のひと笑い』さんが、「きゅんです」の

・正しい形(黄金比や角度)

・どういうときに使うか

をこちらのYouTubeでレクチャーしてくれています。

きゅんですについて。

なるほど、なるほど。

「きゅんです」には、正しい形や使い方があるのか~!

 

と言いつつも、『夜のひと笑い』さんは

・適当に挨拶がてらに「きゅんです」を使う

とか、

・でたらめに「きゅんです」を使う

ことに対しても、

 

正直、めっちゃ嬉しい!

そうです(笑)。

 

「なんでも使ってください~」

とおっしゃってますね~(いい人だ)。

スポンサーリンク


きゅんです ポーズや意味と使い方を調べてみた!2020流行語候補!:まとめ

以上、ネクスト流行語「きゅんです」について調べてみました。

若い方の間では当たり前のように使われているんですね。

 

2020年下半期はますます流行っていくのでしょうか。

 

それとも、、、

↑こんな意見もあるので、また次の流行語がやってくるのでしょうか!?