『和醸良麺すがり』行列のできるおしゃれなラーメン屋さんに行った話

ラーメン大好きHARECOです!

今回は、京都の人気ラーメン店『和醸良麺すがり』に行ってきましたので紹介したいと思います。

『和醸良麺すがり』は以前からよくインスタで見かけていて、そのラーメン屋らしからぬおしゃれな雰囲気に惹かれ一度行ってみたいなあと思っていたお店です。

私もたまには気分よくおしゃれなお店に入ってみたいのです。

それでは早速紹介いたします!

 

スポンサーリンク

『和醸良麺すがり』行列のできるおしゃれなラーメン屋さん

『和醸良麺すがり』は京都市中京区にある人気ラーメン店です。

調べてみると、京都の有名店である『高倉二条』の系列店だとか。

『高倉二条』の方はかなり有名なので私もかなり前に行ったことがあります。

系列店なら味も似たような感じかも??

ということは新たな発見はないかも??

とも思いましたが、おしゃれなラーメン店の雰囲気も味わってみたいので行ってみることに。

メニューは

・らーめん

・つけめん

・カレーつけめん

の三種類。

それぞれ、麺の種類(全粒粉麺かゆず麺)や肉のトッピングが選べます。

私は事前にネットで調べて口コミの良かった「もつつけ麺」にしようと決めてお店に向かいました。

 

『和醸良麺すがり』おしゃれすぎて入口がわかりづらい(汗)

『和醸良麺すがり』は案内によると最寄駅である阪急烏丸駅から徒歩5分くらいとのこと。

しかし、私の場合かれこれ15分くらいかかりました。笑

遠いからではありません。

非常に入口がわかりづらいのです。

この町屋風の佇まいが京都の街に溶け込んでいてなかなか見つけられませんでした。

私はお店の前を2回も通りすぎてしまい、3回目でようやく入口に気づいたくらいです。苦笑

他にも私と同じようにさまよっている男性が1名いらっしゃったので、迷う方が多いみたいですね。

ちゃんと着けるか心配な方はちょっと早めに出発しましょう!

 

『和醸良麺すがり』に入ってみました

いざ、入店!

お店への入り方も少しわかりづらいです。

入口から入ると奥まで土間が続いていて、裏から入店する感じになっています。

土間の突きあたり付近で食券を購入するシステムになっていて、メニューに悩むと次に購入するお客さんを待たせてしまうことになるので、私のように事前にメニューを決めて行くのがおすすめです。

私が『和醸良麺すがり』に入店したのはお昼の12時15分くらいだったので、食券購入後、席が空くまでしばらく待ちました。

お店の外には行列がありませんでしたが、店内で何人も待っている状態でしたね。

店内は町屋カフェかおしゃれ居酒屋といった雰囲気で、とてもラーメン屋さんには見えません。

お客さんたちもなぜかおしゃれに見えます。笑

私もここにいるとおしゃれに見えているのでしょうか。。。

 

『和醸良麺すがり』で「もつつけ麺」をいただく

20分くらい待って席につきました。

カウンター席から見渡すと、店内はさらにおしゃれです。

お茶ひとつとってもこんなにおしゃれ。

やかんとコップのバランスにセンスを感じます。

そして、こちらが私が頼んだ「もつつけ麺」です。

スープの器がまたおしゃれで驚きました。

で、肝心のお味はというと、

スープはトロっとした食感にほんの少し酸味を感じ、麺はおそばのようなあっさり感があり、とてもおいしかったです。

つけ麺というと魚介系スープが多い気がしますが、こちらは白湯系スープでモツの風味も加わっているので新感覚の味で新鮮でした。

モツもとても柔らかくておいしかったので、好きな方は増量してみましょう。

麺類に乗せる肉といえばチャーシューが王道でしたが、モツもありだな~と気づかされる良いつけ麺でした。

私は今回麺の量を1.5玉にして少な目に感じたので、満腹になりたい方は2玉か2.5玉を選びましょう。

 

『和醸良麺すがり』行列のできるおしゃれなラーメン屋さんに行った話:まとめ

以上、『和醸良麺すがり』に行った話でした。

入口がわかりにくいので、初めて行かれる方は時間に余裕を持って行ってください。

店内がとてもおしゃれなので、まるでカフェにでも行ったような気分になれます。

帰り道で気づいたのですが、店内はモツを焼くにおいが充満しているため、洋服や髪の毛にまるで焼肉屋帰りのようなにおいがしみついていました・・・。

私は気にならないので大丈夫ですが、気になる方はにおい消しを持参してもいいかもしれません。

カレーつけ麺も気になるので、次に行って食べたらまた感想をあげたいと思います。